付知峡Photograph 

キアゲハ

c0107190_19185310.jpg

Nikon D300 + SIGMA APO 50-500mm F4-6.3 EX DG HSM
AF A ISO200 F6.3 1/200 Adobe RGB RAW SILKYPIX Developer Studio Pro
2009年4月20日 12時36分 撮影

ふきのとうの群生地でキアゲハに出逢いました
越冬蛹から今朝羽化したばかりの様子です
真新しい翅は実に美しい
まだ大きく羽ばたけないのでしょうか?
静かにじっとふきのとうにしがみついています
なんだか観察しているだけで初々しくなってきます
明日に向かって大きく飛び回って欲しいですね
[PR]
by tkckphoto | 2009-04-20 19:24 | 4月 | Comments(4)
Commented by yoas23 at 2009-04-21 02:17
見るからに羽化したばかりの初々しさですね。
ニンジンやパセリの害虫として厄介者扱いされますが、
チョウの姿はほんとに美しいものです。
日本にはいくつかのアゲハチョウの仲間が住んでいますが、
イギリスでは唯一のアゲハと言うことで、天然記念物に指定されているようです。
Commented by tkckphoto at 2009-04-21 07:01
yoas23さん
イギリスでは唯一のアゲハとは知りませんでしたね、それも天然記念物とは
日本では確かに野菜について害虫扱いですかね。
でも山野では雑草に産卵しているのを見たことがあります。
Commented by yoas23 at 2009-04-21 07:17
セリ科の植物に好んで産卵しますから、セリやシシウドの葉などに産みますね。
ですから結構山中の峠道なんかでも産卵行動を見にするものです。
大型のアゲハ類の多くはミカン科が主なのに珍しいグループです。
Commented by tkckphoto at 2009-04-21 07:21
yoas23さん
詳しい追伸ありがとうございます。
数年前に原野で産卵しているところを撮影しました。
セリ科の植物だったのかもしれまぜんね。
古い写真を調べてみなければわかりませんが
色々とありがとうございます。