付知峡Photograph 

イナゴ

c0107190_1995458.jpg

c0107190_19161995.jpg

Nikon D300 + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM
2009年6月28日 撮影

毎年同じ紫陽花の葉を食べて生活しているイナゴです。
このイナゴの先祖代々末長くお付き合いしている気がする。
いつもこの顔を見ると仮面ライダー1号、2号を思い出します。
遠い記憶ですが、子供の頃は捕まえて一升瓶に暫くいれておいて、鍋で煎って佃煮風にして食べてました。
農薬のことがあるので、いつからかやらなくなった気がします。
美味かったです。
 
[PR]
by tkckphoto | 2009-06-28 19:17 | 6月 | Comments(4)
Commented by papilio123 at 2009-06-29 00:09 x
イナゴってこんなにカラフルで愛嬌のある顔をしてたんですね。
イナゴの佃煮は私はちょっと食べられませんでした。それになかなか手に入らず、どなたかに土産物で頂いたのを息子は食べておりましたが。もうそんなに大量に獲れないんでしょうね。
Commented by dovinn at 2009-06-29 01:22
鮮やかな緑の中からこちらを見ているイナゴがとてもいとおしく思えました。
この写真を見ていると食べてしまうのがかわいそうな気がして、佃煮は手が当分つけれなさそうです。
Commented by tkckphoto at 2009-06-29 06:57
papilio123さん
イナゴの佃煮は時々こちらの地方ではスーパーにあるので買って食べたこともあります。
形がグロテスクなので、見ただけで食べれない方もいますね。
蜂の子も地方によっては食べない習慣のところもありますしね。
Commented by tkckphoto at 2009-06-29 06:59
dovinnさん
私もこの先祖代々のイナゴを毎年マクロ撮影するようになってから、友達になってしまいました。
でも紫陽花の葉が穴だらけです。