付知峡Photograph 

ススキの葉を巻いて

c0107190_19261326.jpg

Nikon D300 + Ai NIKKOR 50mm F1.2
MF A ISO400 F2.8 1/640 WB晴天 RAW SILKYPIX Developer Studio Pro
2009年7月9日撮影

野原でススキの葉をまいて巣を作る蜘蛛
カバキコマチグモ(樺黄小町蜘蛛)だと思います。
雌はこの中で育てた子供に最後は食べられてしまいます。
日本にいる蜘蛛の中でも一番毒が強いらしいが
子供の頃は巻いてある葉を開いて蜘蛛がびっくりして逃げて行くのを楽しんでいた
直接蜘蛛に触る訳でも無いので刺されたことは一度もなかった記憶
雨の雫がなんとなく絵になっていた
[PR]
by tkckphoto | 2009-07-09 19:33 | 7月 | Comments(2)
Commented by papilio123 at 2009-07-09 22:12
生き物と自然の面白い合作造形ですね。
この蜘蛛は知りませんでしたが(私は昆虫は平気ですが蜘蛛が苦手なんです。)私もキタテハなど蝶の幼虫の巣をよく探したものです。
Commented by tkckphoto at 2009-07-10 06:55
papilio123さん
私も蜘蛛はみんな毒があるように見えてあまり得意ではありません(笑)
そのまま撮ると単純になるので背景のいいところを考慮してみました。