付知峡Photograph 

付知のお盆 御精霊様 (おしょろさま)

c0107190_1745079.jpg

OLYMPUS C5050Z
AF A ISO64 F1.8 1/800s 0.0EV AWB RAW SILKYPIX Developer Studio Pro
2010年08月01日撮影

8月1日、2日、3日は付知のお盆です
各地で習慣が違いさまざまだと思いますが(家によっても違うかも)
付知では仏壇のお供えとは別に奥でい(仏間のこと)の掃き出しに
きゅうりの馬とナスの牛を拵えてご飯とおかずも供えます
脚は姫楮の枝を使い、尾はとうな(とうもろこし)の毛を使います
皿に使っているのは姫楮の葉です、箸も姫楮の枝です
御精霊様(おしょろさま)と呼んでいます(御精霊様を迎える準備を言うのだと思います)
仏壇にも馬と牛を拵えます
先祖の御霊がお盆にいらっしゃる時に馬に乗って早く走って来られるように
お帰りになる時は牛でゆっくりお帰りになるようにとのことだそうです
昔は8月3日にお供えを一式付知川へ流していました(いわゆる精霊流しですね)が
随分昔に環境問題で禁止になりました
時代と共に変化していますのでこの写真の飾り付けが正しいがどうかは別問題とします

☆付知のお盆はどうして8月1日?
 お盆は新暦だと7月15日、旧暦だと8月15日 だそうです。
 その昔、付知は養蚕が盛んな地域でした。
 8月1日頃が養蚕の農閑期になり、休める頃の名残
 また付知の一番暑い頃でも有り、
 お供えに使う夏野菜が一番収穫出来る頃でも有る。
 こうした昔の地域性が現在でも続いています。


 
 


[PR]
by tkckphoto | 2010-08-01 18:24 | 8月 | Comments(6)
Commented by dovinn at 2010-08-02 07:12
付知のお盆ははやいのですね、お盆をあけると夏本番の感覚なのでしょうか。
こちらではお盆は提灯をお墓に飾る程度でしょうか。それ以外の風習はなくなってしまったのかもともとなかったのか、物思いがついたころには提灯だけになってました。
Commented by tkckphoto at 2010-08-02 07:24
dovinnさん
いつもありがとうございます。
付知のお盆が過ぎると秋の風が吹くとよく言われていました。
暦の上では8月7日は立秋です。
温暖化で昔に比べると冬が暖かくて夏が暑くなりました。
Commented by papilio123 at 2010-08-02 16:27
キュウリとナスの動物はそういう意味だったとは知りませんでした。
我家では家内が毎年おもちゃのような物を買ってきます。
7月13日に迎え火、15日に送り火としておがらを玄関先で焚くだけです。
Commented by tkckphoto at 2010-08-02 16:37
papilio123さん
千葉では7月のお盆なのですね。
京都も7月ですね、こちらの地方も7月の所が多いです。
付知近辺だけが8月1日~3日です。
Commented by eijimizugai at 2010-08-03 05:37
禁止してなかったら
今でも習慣があったでしょうね(笑)
Commented by tkckphoto at 2010-08-03 05:49
eijimizugaiさん
たぶん習慣が残っていたでしょうね。
流しに行ったことが懐かしいです。