付知峡Photograph 

溝蕎麦の花咲くころ

c0107190_15312751.jpg


Nikon D300 + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM
MF A ISO200 F6.3 1/200s 0.0EV WB晴天 Adobe RGB RAW SILKYPIX Developer Studio Pro
2010年10月08日撮影

今日は日中暑くなりそうです
野に咲く溝蕎麦の花が見ごろを迎えています
花言葉は純情
名前の由来は溝など水の流れる場所で生育し、花や葉の形が蕎麦に似ているからと言われます
日当たりの悪い湿気の多い所にも群生しています
雑草扱いで草刈り機で刈られてしまいますが、かわいい素敵な花だと思います

※交尾中の虫はニトベハラボソツリアブ
 昆虫に詳しいpapilio123さんが調べて下さいました。
 http://comphoto.exblog.jp/
 良く似た種でスズキハラボソツリアブもいるようです。
 ニトベとスズキ 発見者の名前でしょうか?
[PR]
by tkckphoto | 2010-10-11 09:12 | 10月 | Comments(6)
Commented by papilio123 at 2010-10-11 09:55
ミゾソバという名前は初耳です。綺麗な花を咲かせるのですね。
虫の方は交尾中のようですが、何でしょう。
Commented by tkckphoto at 2010-10-11 10:45
papilio123さん
溝蕎麦は田舎には沢山咲いています。
秋らしくなった今頃咲くので爽やかな気分になります。
交尾中の虫ですが、私もわかりません? (笑)
Commented by papilio123 at 2010-10-12 00:31
虫はこれではないでしょうか。
http://www.insects.jp/kon-abuharaboso.htm
Commented by tkckphoto at 2010-10-12 08:45
papilio123さん
調べて頂いてありがとうございます。
正にこれです。
Commented by eijimizugai at 2010-10-13 13:30
地球が襲われてるのかと思いました!
これは蓮華ではないのですね・・・
Commented by tkckphoto at 2010-10-13 17:07
eijimizugaiさん
宇宙人に見えたのですか? 面白い発想ですね。
これは蓮華ではありません。
溝蕎麦(ミゾソバ)と言います。