付知峡Photograph 

ショウジョウバカマ

c0107190_04534.jpg

Nikon D300 + SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG 
MF A ISO200 F10 1/320s -0.7EV WB晴天 Adobe RGB RAW SILKYPIX Developer Studio Pro5 Beta
2011年4月1日 撮影
[PR]
by tkckphoto | 2011-04-02 00:05 | 4月 | Comments(6)
Commented by GASHUN at 2011-04-02 03:01 x
暖かくなるとともにカラフルなイメージが続くようになりましたね。見逃していまいそうな野草類もこれぞとばかりに咲き誇る様子、趣がありますね。うっとりです。付知は自然の宝庫ですね。
Commented by tkckphoto at 2011-04-02 07:30
GASHUNさん
ありがとうございます。
ようやく暖かくなりましたが朝夕はまだ相当寒いです。
ストーブはまだまだ必要です。
自然の中にあるささやかな世界がこれから楽しみです。
Commented by papilio123 at 2011-04-02 10:55
ショウジョウバカマは、ギフチョウの出現と時期を同じくして開花するので想い出深い植物です。
ギフチョウは各地で絶滅しましたが、この花は健在でしょうか。
Commented by tkckphoto at 2011-04-02 11:22
pailio123さん
ギフチョウは絶滅したのですか?
付知峡では見かけませんが、他の場所ではまだ存在していると思っておりました。
ショウジョウバカマは近くに群生しております。
最近はカモシカの冬場の餌になっていて葉っぱがほとんどありませんが。
カモシカに発見されていない個体は元気にしております。
今回の写真は山の中から日当たりの良い場所に移植したもので、山の中はまだ蕾でした。
Commented by papilio123 at 2011-04-02 20:01
>ギフチョウは絶滅したのですか?

すみません。舌足らずでした。
ギフチョウは私の若い頃は、東京の高尾山にも棲息しておりました。
もちろんそこでは絶滅、大阪と京都の府境のポンポン山でも絶滅。
奈良との境の二上山でも絶滅、という風に局所での絶滅が続き、
その生息地はどんどん狭くなっているようです。
各地で絶滅というのはそういう意味でした。
Commented by tkckphoto at 2011-04-02 23:00
papilio123さん
御回答ありがとうございます。
付知でも1970年代に一度目撃情報があるだけだそうです、おそらく絶滅でしょう。
撮影してみたい被写体です。