付知峡Photograph 

橅の芽吹き

c0107190_23323328.jpg

Nikon D300 + TAMRON SP AF90mm F2.8Di Macro
MF A ISO200 F8 1/100s -0.7EV WB晴天 Adobe RGB RAW SILKYPIX Developer Studio Pro5 Beta
2011年5月7日 撮影

ちょいと多忙な間に季節はどんどん巡っています
橅の芽吹きには元気づけられる
[PR]
by tkckphoto | 2011-05-07 23:35 | 5月 | Comments(4)
Commented by GASHUN at 2011-05-08 08:59 x
ディティールが素晴らしいですね。
Commented by papilio123 at 2011-05-08 09:18
ブナは樹形は直立して巨木になりますが樹幹に水分が多く、用材としては好まれず、
「木では無いので橅」とまで悪態をつかれてどんどん杉に植え替えられてしまいました。
そのブナが今や温帯林の女神のように扱われています。
こんなきれいな新芽を見せてくれるのはイヌブナでしょうか。
Commented by tkckphoto at 2011-05-09 07:14
GASHUNさん
ありがとうございます。
自然の美しさに助けられています。
Commented by tkckphoto at 2011-05-09 07:19
papilio123さん
付知は天然の檜の産地として有名ですが、政策で杉や檜を植林しましたので、かなりの山々が針葉樹林になってしまいました。
今となっては広葉樹は大切な存在になりました。
芽吹きの軟毛はイヌブナの特徴の様ですね。
数年に一度しか花は咲かないそうです。
身近なところでもかなり杉や檜だらけです。
わずかに残った広葉樹を大切にしたいものです。